野楽力研究所

近くの自然で野楽力を高めましょう

霧ヶ峰八島湿原・・・令和3年7月23日

 八島湿原を一周して、自然の観察をしました。約2時間ですが、花に囲まれての時間を過ごすことが出来ました。今日の様子です。

f:id:noyama_ko:20210727192020j:plain
f:id:noyama_ko:20210727192055j:plain
f:id:noyama_ko:20210727192107j:plain

(↑上の写真)左=八島湿原入口、中=ニッコウキスゲ、右=ノハナショウブ

f:id:noyama_ko:20210727192232j:plain
f:id:noyama_ko:20210727192242j:plain
f:id:noyama_ko:20210727192251j:plain

(↑上の写真)左と中=ノアザミ、右=ノハラアザミ

f:id:noyama_ko:20210727192356j:plain
f:id:noyama_ko:20210727192409j:plain
f:id:noyama_ko:20210727193010j:plain

(↑上の写真)左=タチフウロ、中=ハナチダケサシ、右=エゾナデシコ

 タチフウロ立風露)はフウロソウ科フウロソウ属。中部地方、四国、九州に分布し、日当たりのよい山地などに生える多年草ということです。ハクサンフウロと似ていますが、タチフウロは花弁にある3本の紅色の筋が一本線であるのに対して、ハクサンフウロは筋の先が枝分かれしています。また、タチフウロは花後小花柄は曲がり、蒴果を直立するのが特徴のようです。牧野富太郎博士は、フウロ(風露)の意味は不明、としています。インターネットで調べると「農地で、周囲が木で囲まれている草刈場を『ふうろ野』と呼びます。フウロソウは、『ふうろ野』に生える草という意味からきている」そうです。また、「フウロ風炉)は茶席で湯を沸かす風炉と同じで、四辺のうち火入れをする一辺が開いているもの」だそうです。茶席では風炉はフロと呼ぶようですし、風炉は丸い形になっています。この三方を囲まれた風炉野に生えていた風炉草がいつしか「風露草」になったというのが語源説のようです。回りくどい話でしたが、どうですか。

f:id:noyama_ko:20210727195837j:plain
f:id:noyama_ko:20210727195846j:plain
f:id:noyama_ko:20210727195856j:plain

(↑上の写真)左と中=シモツケソウ、右=オニシモツケ

f:id:noyama_ko:20210727200020j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200035j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200050j:plain

(↑上の写真)左=オオカサモチ、中=シシウド、右=ヤナギラン

 オオカサモチ(大傘持)はセリ科オオカサモチ属。本州中部以北の山地に生える多年草。この花を知るまではシシウドとばかり思っていましたが、草姿がどうも同じようではないなと気づきだした時にオオカサモチと知って、それ以来、遠目にも区別がつくようになりました。オオカサモチは大傘持で、僧侶が練り歩くときにその僧侶にお付きの者が大きな傘を捧げますが、その大きな傘を擬えたもののようです。そう思ってみると、真ん中の平らな花穂が何となく大傘のように見えてきます。シシウドとは見間違えることがなくなりました。どうでしょうか。

f:id:noyama_ko:20210727200159j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200218j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200240j:plain

(↑上の写真)左=湿原の風景、中=イブキトラノオ、右=ワレモコウ 

 ワレモコウ(吾亦紅・吾木香・割木瓜)はバラ科ワレモコウ属。日本各地に広く分布する山野の草原に生える多年草。ワレモコウが草原にすっと首筋を伸ばして咲いている姿は「吾もまた紅よ」と主張しているようですね。志賀直哉著「暗夜行路」に主人公謙作が妻直子を置いて、独り大山に登って見たワレモコウの咲く広々とした草原は、謙作の心を長い暗夜から救い出し、晴れやかな精神に浄化してくれるようでしたね。妻直子とのわだかまりも消えてしまいました。「われもこう、そのほか名を知らぬ菊科の美しい花などの咲き乱れている高原の細い道を急がず登って行った。放牧の牛や馬が、草を食うのをやめ、立ってこっちを眺めていた。ところどころに大きな松の木があり、高い枝で蝉が力いっぱい鳴いていた。空気が済んで山の気は感ぜられたが、登りゆえになかなか暑かった。そして背後に遥か海が見えだすと、所々で一服しながら行った。」この登山で熱を出した謙作を直子は見舞って「とにかく、自分はこの人と離れず『どこまでもこの人について行くのだ 』というような事をしきりに思いつづけた。」(最後の一行)のでしたね。

f:id:noyama_ko:20210727200354j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200414j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200428j:plain

(↑上の写真)左=ホソバノキリンソウ、中=タカトウダイ、右=ウツボグサ 

 ホソバノキリンソウ(細葉黄輪草・麒麟草)はベンケイソウ科キリンソウ属。『牧野新日本植物図鑑』によると、北海道及び本州の草むらの中に生える多年生草本ということです。ベンケイソウに比べ、花が密に咲き、葉は狭く、鋸歯が尖っているので区別される、また、和名は、細葉の「麒麟草」である、とあります。Web:図鑑netモバイルブログでは「本来は、麒麟草ではなく、黄輪草だった」説をとっています。キリンソウの花は、黄色いです。その花が、植物体のてっぺんに、輪状に付きます。だから「黄輪草」と呼んでいたのが、のちに、「麒麟草」に取り違えられた、というのです。野楽力研究所としてはこの説を支持したいです。みなさんはどうでしょうか。

f:id:noyama_ko:20210727200605j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200620j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200638j:plain

(↑上の写真)左=イタチササゲ、中=カラマツソウ、右=カワラマツバ

 イタチササゲ(鼬豇豆マメ科レンリソウ属。日当たりのよい山地に生える多年草。牧野植物図鑑によると「鼬豇豆のイタチ(鼬)は、黄色の花が後に褐色に変わるので、イタチの毛の色が黄赤色であるのに、なぞらえたものであろう」ということで、多くの図鑑がこの説に従っています。また、牧野植物図鑑のササゲの項に、「ササゲは捧げるという意味で、はじめ豆果が上を向くものにつけられた名であるという」と、伝聞で書かれています。

f:id:noyama_ko:20210727200752j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200815j:plain
f:id:noyama_ko:20210727200832j:plain

(↑上の写真)左=キバナノヤマオダマキ、中=コバノギボウシ、右=クガイソウ

f:id:noyama_ko:20210727200952j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201008j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201031j:plain

(↑上の写真)左=湿原一周路の道、中=フタバハギ、右=クサフジ

f:id:noyama_ko:20210727201231j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201244j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201300j:plain

(↑上の写真)左=キンバイソウ、中=ノコギリソウ、右=ミツモトソウ

 ミツモトソウ水元草・水源草)はバラ科キジムシロ属。北海道、本州、九州に分布し、山地の谷沿い、水辺、湿った林縁などに生育する多年草ということです。キジムシロ、ヘビイチゴなど春に咲く黄色い花によく似ていますが、ミツモトソウは山地に夏に見られることで区別できそうです。ミツモトソウは、はじめ、三葉が茎についている草ということで「三元草」かと思っていましたが、湿地など湿ったところに生えているので、語源は、水源または水元(いずれもミズモト)、即ちミズモトソウが訛ってミツモトソウになったという説が有力のようです。如何でしょうか。

f:id:noyama_ko:20210727201401j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201419j:plain
f:id:noyama_ko:20210727201433j:plain

(↑上の写真)左=ノリウツギ、中=オオバノダイコンソウ、右=夏空の広がる湿原


 

車山高原(車山肩)・・・令和3年7月23日

 八島湿原へ向かう途中、ビーナスラインの車山肩周辺を自然観察しました。以前は周囲一帯はニッコウキスゲの黄色い花で埋め尽くされていたということです。ところが鹿の食害でニッコウキスゲが姿を消してしまったそうです。復活させるべく電気柵を設けて保護し始めましたので、電気柵の中ではニッコウキスゲが復活し始めました。しかし、鹿同様、人間も電気柵に近寄れず、遠望するしかありません。自然との共生の難しさを感じるところですね。今日の様子です。

f:id:noyama_ko:20210727183400j:plain
f:id:noyama_ko:20210727183415j:plain
f:id:noyama_ko:20210727183426j:plain

(↑上の写真)左=車山高原、中=ニッコウキスゲ、右=ウスユキソウ

f:id:noyama_ko:20210727183612j:plain
f:id:noyama_ko:20210727183631j:plain
f:id:noyama_ko:20210727183700j:plain

(↑上の写真)左=ネバリノギラン、中=キバナノヤマオダマキ、右=タチフウロ

f:id:noyama_ko:20210727184108j:plain
f:id:noyama_ko:20210727184119j:plain
f:id:noyama_ko:20210727184130j:plain

(↑上の写真)左=ノコギリソウ、中=ヒヨドリバナ、右=ヨツバヒヨドリ

 

つどいの里・・・令和3年7月23日

 霧ヶ峰を訪れる途中、大門街道沿いにある「つどいの里」八ヶ岳自然園(植物園)を訪れました。ここは山野草店が裏山を植物園にして開放しているものです。ほとんど知られていないようで、訪れる人は少ないようですが、自然の中で育っている山野草を観察することが出来ます。帰りには、園芸種を含め、山野草を購入することも出来ます。

今日の様子です。 

f:id:noyama_ko:20210727105937j:plain
f:id:noyama_ko:20210727105947j:plain
f:id:noyama_ko:20210727110313j:plain

 (↑上の写真)左=入口(山野草店の奥にあります)、中=シキンカラマツ、右=フシグロセンノウ

 シキンカラマツ(紫錦唐松)は、キンポウゲ科カラマツソウ属。APG牧野植物図鑑によると福島・群馬・長野県に生える多年草ということですが、他の資料によると「北関東や長野県の山地に生える多年草で、福島県茨城県では絶滅危惧種、長野県では準絶滅危惧種になっているとのことです。紫色の花弁のように見えるのは萼片で、その紫色と雄しべの黄色のコントラストが上品で美しいということで「紫錦」と言われるとのことです。「唐松」の名はカラマツソウ属でもありカラマツソウと同じような葉の形をしているからです。この地方限定で、この時期にしか花に出会いませんので、貴重な機会でした。

f:id:noyama_ko:20210727110605j:plain
f:id:noyama_ko:20210727110615j:plain
f:id:noyama_ko:20210727110626j:plain

(↑上の写真)左=キレンゲショウマ、中=キキョウ、右=キオン

 キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)はアジサイ科キレンゲショウマ属。日本の固有種で宮崎県市房山を南限とする希産植物の一つということです。宮尾登美子著『天涯の花』に天蓋の花として出てきます。「先達さんが滝に打たれて行をする行場があるんじゃ。キレンゲショウマはその行場の辺りにしか咲かん。それもちょうど今頃だけじゃ。行ってみるか」と(山小屋の)典夫は先に立った「口では言えん。一度見たら忘れられん。きよみ(浄身=珠子)ちゃんみたいじゃ」。・・・それは木々の茂みの下、それは見事な花の群落、見渡す限り黄の点々は拡がり、それはおぐらい木漏れ陽を浴びて、まるで一つ一つの花が、月光のように澄み、清らかに輝いて見えた。茎の高さは1mほど、葉はたっぷりと大きく幅は20㎝はあろうかと思えるが、その立派な葉を従えるように、爽やかな月光の花は廩、として気高い。そっと指を添えて花を仰向かせてみると、全開はしないのかどれもらっぱ状の姿で、厚ぼったい花びらはねじれてらせん形に朱色の芯を包んでいる。・・・花は、お月様が地に降りてきて宿っているような淡く輝いた黄、葉は大人のてのひらのようなパルマータ、それにしてもなんと美しい、と珠子はすっかり魅せられ、我を忘れてその場に立ち尽くした」と。

f:id:noyama_ko:20210727110950j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111002j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111012j:plain

(↑上の写真)左=イタチササゲ、中=オタネニンジン、右=ヤマユリ

f:id:noyama_ko:20210727111110j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111121j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111132j:plain

(↑上の写真)左=ソバナ、中=シデシャジン、右=ツリガネニンジン

f:id:noyama_ko:20210727111248j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111301j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111314j:plain

(↑上の写真)左=メタカラコウ、中=ヤマホタルブクロ、右=ヤブカンゾウ

f:id:noyama_ko:20210727111422j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111435j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111454j:plain

(↑上の写真)左=ウバユリ、中=オカトラノオ、右=オミナエシ

f:id:noyama_ko:20210727111603j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111617j:plain
f:id:noyama_ko:20210727111635j:plain

(↑上の写真)左=タカネナデシコ、中=チダケサシ、右=ヒヨドリバナ

 

乙女高原・・・令和3年7月20日

 山梨県塩山の北西に在る乙女高原は、ちょっと行きにくいところですが、それだけに訪れる人が少なく、ゆっくり花を観察できます。今は、大ぶりで豪華な花のキンバイソウ、アザミの代表ノアザミが満開でした。シモツケは八分咲き、シモツケソウは一分咲きといったところでした。今日の様子です。

f:id:noyama_ko:20210726220650j:plain
f:id:noyama_ko:20210726220700j:plain
f:id:noyama_ko:20210726220710j:plain

(↑上の写真)左=乙女高原入口駐車場、中と右=キンバイソウ

f:id:noyama_ko:20210726220951j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221002j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221011j:plain

(↑上の写真)どれもカラマツソウ、左=夏空に聳えて、中=草むらの中で、右=花の形はカラマツの若芽に似ています。

f:id:noyama_ko:20210726221312j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221323j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221334j:plain

(↑上の写真)左と中=クガイソウ、右=アヤメ

f:id:noyama_ko:20210726221444j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221455j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221503j:plain

(↑上の写真)左=ウスユキソウ、中=ノアザミ、右=ノハラアザミ

f:id:noyama_ko:20210726221611j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221627j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221640j:plain

(↑上の写真)左=タチフウロ、中=シモツケ、右=シモツケソウ

f:id:noyama_ko:20210726221751j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221806j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221821j:plain

(↑上の写真)左=ノコギリソウ、中=チダケサシ、右=ハナチダケサシ

f:id:noyama_ko:20210726221940j:plain
f:id:noyama_ko:20210726221950j:plain
f:id:noyama_ko:20210726222006j:plain

(↑上の写真)どれもヤナギラン

f:id:noyama_ko:20210726222441j:plain
f:id:noyama_ko:20210726222453j:plain
f:id:noyama_ko:20210726222507j:plain

(↑上の写真)左=ホソバノキリンソウ、中=ヒヨドリバナ、右=乙女高原花畑

 

多摩地区近所の街中自然観察・・・令和3年7月19日

 梅雨明けと共に晴天の日が続き、気温はぐんぐん上がって昼間は茹だるようです。早起きして、涼しい早朝に街中の自然観察に行きました。畑では野菜が稔り、道端では野草が刈られても刈られても頑張って芽を出しています。庭先の花を楽しませていただきました。今日の街中の自然の様子です。

f:id:noyama_ko:20210719115413j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115424j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115437j:plain

(↑上の写真)左=多摩地区の風景、中=メマツヨイグサ、右=コマツヨイグサ

f:id:noyama_ko:20210719115725j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115804j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115813j:plain

(↑上の写真)左=イヌタデ(アカノマンマ)、中=オヒシバ、右=メヒシバ

f:id:noyama_ko:20210719115912j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115924j:plain
f:id:noyama_ko:20210719115936j:plain

(↑上の写真)左=イヌビユ、中=カヤツリグサ、右=エノコログサ

f:id:noyama_ko:20210719120040j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120050j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120101j:plain

(↑上の写真)左=ツユクサ、中=タケニグサ、右=キキョウ

f:id:noyama_ko:20210719120200j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120218j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120243j:plain

(↑上の写真)左=ヤブラン、中=ラベンダー、右=サルビア

f:id:noyama_ko:20210719120358j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120414j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120438j:plain

(↑上の写真)左=オニユリ、中=オシロイバナ、右=ユウゲショウ

f:id:noyama_ko:20210719120546j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120612j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120626j:plain

(↑上の写真)左=ムクゲ、中=キョウチクトウ、右=ハイビスカス

f:id:noyama_ko:20210719120730j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120756j:plain
f:id:noyama_ko:20210719120812j:plain

(↑上の写真)左=トウモロコシ、中=ナス、右=ピーマン

f:id:noyama_ko:20210719121431j:plain
f:id:noyama_ko:20210719121457j:plain
f:id:noyama_ko:20210719121517j:plain

(↑上の写真)左=ハキダメギク、中=スベリヒユ、右=ヘラオオバコ

 

 

御岳山・・・令和3年7月16日

 御岳山へ梅雨が明けることを見越して訪ねました。ケーブルで上り、岩石園、綾広の滝から、下山は山道を下りました。この時期はまだ花の端境期で花の数は少ないですが、ヤマアジサイ、クサアジサイ、そして、とても地味でいながら不思議さを醸すムラサキニガナを見ることが出来ました。レンゲショウマは堅い蕾でした。ヒグラシがなきはじめました。今日の自然の様子です。

f:id:noyama_ko:20210716220302j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220316j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220331j:plain

(↑上の写真)左=参道の様子、中=ヤマユリ(ほとんどは蕾)、右=ヤブカンゾウ

f:id:noyama_ko:20210716220521j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220534j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220545j:plain

(↑上の写真)左=ヤマアジサイ、中と右=クサアジサイ

 クサアジサイ(草紫陽花)はアジサイ科クサアジサイ属。ウィキペディアによると日本固有種で、本州(太平洋側は宮城県以南・日本海側では新潟県以西)、四国、九州(大隅半島以北)に分布し、やや湿った林床または岩上、山地の木陰などに生育する、とあります。ここではやや湿った林床に生えていましたから、その通りと思います。クサアジサイを知らなかったときは、小さなヤマアジサイと思って見過ごしていましたが、ヤマアジサイの葉は対生ですが、クサアジサイは互生です。装飾花の花弁のような萼片は、ヤマアジサイでは4枚ですが、クサアジサイは3枚です(装飾花のないものもあるそうです)。ヤマアジサイは木本ですがクサアジサイ草本です。よく観察してみると確かに随分違い、それ以後、見違えることは無くなりました。日本固有種ということであれば大切にしたいですね。

f:id:noyama_ko:20210716220707j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220719j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220730j:plain

(↑上の写真)左と中=園芸種アジサイ、右=ハマナス

f:id:noyama_ko:20210716220830j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220841j:plain
f:id:noyama_ko:20210716220854j:plain

(↑上の写真)左=イワタバコ、中=オオバジャノヒゲ、右=キツリフネ

f:id:noyama_ko:20210717082238j:plain
f:id:noyama_ko:20210717082304j:plain
f:id:noyama_ko:20210717082318j:plain

(↑上の写真)左=フタリシズカ、中=ヒメフウロ、右=クサノオウ

 フタリシズカ二人静)はセンリョウ科チャラン属。日本各地の山地や林野に生える多年草。葉は輪生のように見えますが対生。この時期、再び小さな花をつけているように見えます。しかし、これは閉鎖花だそうです。植物にとっては安全牌というわけです。開花せずに着実に自家受粉して子孫を増やす戦略です。

 ヒメフウロ(姫風露)はフウロソウ科フウロソウ属。APG牧野植物図鑑Ⅱによると「北半球と南アメリカの温帯に広く分布し、愛知、三重、滋賀の各県、四国剣山の石灰岩地に生える越年草」ということです。一見帰化植物のように見えます。石灰岩地に生える在来種ということです。似たものが「姫フウロウソウ」という名で販売されているそうです。在来種は、花弁に2本の紅色の筋があることが区別点です。

f:id:noyama_ko:20210716221600j:plain
f:id:noyama_ko:20210716221614j:plain
f:id:noyama_ko:20210716221625j:plain

(↑上の写真)左=フタバハギ(タニワタシ、ナンテンハギ)、中と右=ムラサキニガナ

 ムラサキニガナ(紫苦菜)はキク科ムラサキニガナ属。本州、四国、九州の山地の半日陰に生える多年草。一見、草姿はアキノノゲシのようですが、紫色の花、しかもノゲシと違ってちょっと恥じらうような俯き加減の花の様子。高尾山の4号路でも見られます。株数は少ないので見落としてしまいがちです。今回御岳山では、下山道で見られました。

f:id:noyama_ko:20210716221938j:plain
f:id:noyama_ko:20210716221951j:plain
f:id:noyama_ko:20210716222009j:plain

(↑上の写真)左=ギンバイソウ(まだ蕾)、中=キハギ、右=ユキノシタ

f:id:noyama_ko:20210716222149j:plain
f:id:noyama_ko:20210716222205j:plain
f:id:noyama_ko:20210716222217j:plain

(↑上の写真)左=ハリガネワラビ、中=ジュウモンジシダ、右=ホラシノブ

f:id:noyama_ko:20210716222418j:plain
f:id:noyama_ko:20210716222436j:plain
f:id:noyama_ko:20210716222452j:plain

(↑上の写真)左=天狗岩、中=綾広の滝、右=天狗の腰掛け杉

 

都立桜が丘公園・・・令和3年7月14日

 山百合が一株咲いていました。その他は地味な草花でしたが、それぞれこの雨の多い時期に花を咲かせることにどんな意味を見つけているのでしょうか。ニイニイゼミと鶯の鳴く声を聞きながらの2時間ほどの自然観察でした。今日の様子です。

f:id:noyama_ko:20210714172155j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172207j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172304j:plain

(↑上の写真)左=五賢堂、中と右=アキノタムラソウ

f:id:noyama_ko:20210714172454j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172507j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172525j:plain

(↑上の写真)左=ヤマユリ、中と右=ミズタマソウ

 ミズタマソウ(水玉草)はアカバナ科ミズタマソウ属。山野の日陰または半日陰に生える多年草。この時季に咲き、果実ができるので、その毛の生えた果実に雨水がついて水玉のようだから水玉草と名づけられた、と思って、その様子を想像していました。雨模様の今日の観察は絶好のチャンスと思いました。しかし、そうではなく、もともと丸い果実(たね)に白い毛が生えている様子が水玉のようだというものでした。上の写真は、雨水を含んでいませんが、それでよいのだ、ということです。

f:id:noyama_ko:20210714172618j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172629j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172646j:plain

(↑上の写真)左と中=ニガクサ、右=ダイコンソウ

 ニガクサ(苦草)はシソ科ニガクサ属。日本各地に分布し、山野のやや湿った草地に生える多年草。名に比して苦みはないが、山菜や薬用にはならない、そうです。茎の先に花穂を出し、基部から分枝して複総状になる。花の上唇は小さく、下唇が大きい唇形花で、淡紅色。この淡紅色の花は可愛らしいですが、しばしば虫こぶ(虫癭=ちゅうえい)ができて、台無しになってしまいます。見つけ次第、花穂ごと取り除き、拡散しないようにします。

f:id:noyama_ko:20210714172750j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172802j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172813j:plain

(↑上の写真)左=キツリフネ、中と右=ヌスビトハギ

 キツリフネ(黄釣船)はツリフネソウ科ツリフネソウ属。日本各地の山地の湿地や水辺に生える1年草。花が紫色のツリフネソウに対して黄色なのでキツリフネ。和名は、花を横から見たところが、船を吊り下げたようなので、ツリフネソウ(釣船草)と云われます。開花前に、通常の「開放花」に先がけて「閉鎖花」をつけます。花を開かず閉鎖花によってまず、確実に自家受粉による種子を作っておこうということです。開放花は、6月〜9月に開花し、雄しべが雌しべより先に成熟する「雄性先熟」で、両者の成熟する時期をずらすことで、他家受粉でDNAの多様性を図るようにしているということです。なお、発芽率はとてもいいのですが、庭などでは水が足りないようで、期待に反し閉鎖花のみで終わることが多いです。

f:id:noyama_ko:20210714172920j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172935j:plain
f:id:noyama_ko:20210714172952j:plain

(↑上の写真)左=ミズヒキ、中=ギンミズヒキ(白花のミズヒキ)、右=ヤブガラシ

f:id:noyama_ko:20210714173528j:plain
f:id:noyama_ko:20210714173542j:plain
f:id:noyama_ko:20210714173559j:plain

(↑上の写真)左=イヌガラシ、中=オニドコロ、右=セリ

f:id:noyama_ko:20210714173657j:plain
f:id:noyama_ko:20210714173711j:plain
f:id:noyama_ko:20210714173723j:plain

(↑上の写真)左=シモツケ、中=うぐいすの道、右=山の越の道