野楽力研究所

近くの自然で野楽力を高めましょう

片倉城跡公園・・・令和3年4月19日

片倉城跡公園の彫刻の広場の中央にあるヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)が満開です。園内ではヤマブキソウが奥の沢で群生し一面を黄色に染めています。イチリンソウは大きな花を、ニリンソウは二輪の花を咲かせています。特にイチリンソウは今が見事です。…

小金井公園・・・令和3年4月15日

昨日の天候に打って変わってすっきり晴れ上がった青空の下、都立小金井公園の自然観察です。江戸東京たてもの園は休園中で中には入れませんでした。サトザクラと言われる八重桜がちょうど盛りを越えたところでした。足元にはカントウタンポポが花盛りです。…

国分寺万葉植物園・武蔵国分寺公園・・・令和3年3月9日

国分寺万葉植物園は、国分寺住職だった星野氏が昭和28年から38年にかけて集めた万葉集に歌われている植物の160種が植栽されているとのことです。隣接する武蔵国分寺公園で木に咲いている花を写しに寄りました。今日の様子です。 (1)国分寺万葉植物…

南平丘陵公園・・・令和3年3月4日

日野市立南平(みなみだいら)丘陵公園では、木々の風景を見るとまだ冬の雑木林という感じです。その足元を見るとアレアレ!随分春の足音が聞こえてきました。春の野草の先発隊ですね。今日の様子です。 (↑上の写真)左=コスミレ、中=タチツボスミレ、右…

(上椚田橋)高尾遊歩道梅林から「するさし梅林」までの片道60分コース・・・令和3年2月25日

多摩地区も奥へ向かい高尾遊歩道梅林などはまだ梅も三分咲きといったところ。奥のするさし梅林では、綻びているのは一・二輪といったところです。3月13日・14日が梅まつり(今年は中止)の予定だったということで少し早すぎました。予定日だった前後に…

京王百草園・・・令和3年2月22日

京王百草園は、平安・鎌倉時代に真慈悲寺があったところに江戸時代に家康の長男信康追悼のため小田原第2代藩主大久保忠増の正室寿昌院が松連寺を建て、そこに梅の木をお手植えされたというのが、正面にある寿昌梅だそうです。樹齢300年ということになり…

府中市郷土の森梅園・・・令和3年2月19日

府中市郷土の森の梅園は、3月7日まで梅まつりで、この期間は休園しないということです。60種1100本の梅の木が植えられているそうです。まだ蕾の木もあり、八分咲きといった感じです。今日の様子です。(品種名は木に下げられていた表示によります。…

谷保天神宮梅林・・・令和3年2月17日

好天に恵まれ、梅林を訪れました。甘酒をいただきながら、梅林を見渡し、身体が暖かくなったところでゆっくり梅林を観賞しました。梅林の南端の四阿からは遥か向こうに多摩丘陵の山並みが、西奥には雪を戴いた富士山が遠望されました。その間の低地には多摩…

八王子市長池公園・・・令和3年2月10日

日中の陽気は少し暖かさが増し、外の空気を吸いたくなって、自然の中に行きました。柵で囲まれた植物公園は開放されていませんが、自然のままの公園は開放されています。ここ長池公園は自然のままですから、雑木林と刈り残されたアズマネザサばかりです。シ…

都立平山城址公園・・・令和3年2月1日

この時季に特別なことはありませんが、冬の日差しを浴び、清新な空気を胸いっぱいに吸って、気分を爽快にすることができました。数年前開園した東園は園路がすっかり整備され、散策しやすくなりました。今日の様子です。 (↑上の写真)左=上皇結婚記念碑、…

神奈川県立東高根森林公園・・・令和3年1月26日

東高根森林公園に春の兆しを感じながら自然観察しました。今日の様子です。 (↑上の写真)左=園内谷戸筋の水辺(中央右の小さい木=ロウバイ)、中と右=ロウバイ (↑上の写真)左と中=フクジュソウ、右=ニホンスイセン (↑上の写真)左=カルガモが休憩…

さいたま緑の森博物館・・・令和3年1月22日

今回は里山満喫コース(1時間30分)をゆっくり、フィトンチッドを浴びながら自然観察です。案内所は閉鎖中。そこから狭山丘陵を一つ越えて西久保湿地といわれる平坦な場所とそれに続く畑地の散策です。畑地では春の兆しを感じることができました。今日の…

浄慶寺・・・令和3年1月20日

浄慶寺は川崎市麻生区、小田急線柿生駅から徒歩8分にあるお寺です。楽しい羅漢さんが迎えてくれる、ひととき、ゆったりした気持ちになれる場所です。毎年新しい羅漢像が加わりますが、今年はマスクをした羅漢さんでした。紅梅が綻び、蝋梅も消え入りそうに…

航空公園ロウバイ園・・・令和3年1月13日

日本で飛行機が飛び立った最初の地、ということでここ所沢に航空公園がつくられました。西武線航空公園駅東口下車徒歩7分。航空公園は底が抜けたような青空が広がっていました。ロウバイ園には、ソシンロウバイとマンゲツロウバイが植栽されています。まだ…

都立小宮公園(八王子市)・・・令和3年1月8日

小宮公園にはソシンロウバイが40株ほど植栽されています。そのうち6株ほどが開花しています。今日の様子です。(家を出てから帰るまで他人と完全無接触、無会話を守りました。) <写真をクリックすると拡大されます> (↑上の写真)いずれもソシンロウバイ …

府中市郷土の森・・・令和3年1月6日

新年を迎えて初めて開園された府中市郷土の森のロウバイ園を自然初観察地として訪れました。ロウバイをじっくり観察しました。ここはロウバイ、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイと以前は名札が出ていましたが、数年前から撤去され、どれがどれだか素人目に…

玉川上水(水車橋~百石橋の右岸・左岸)・・・令和2年12月31日

自然観察納めを玉川上水でしました。この時季には常緑樹が目立つようになります。寒い中を頑張って生きているなあと常緑樹の生命の強さを感じます。どうでしょうか。今日の様子です。 (↑上の写真)左=玉川上水、中=サザンカ、右=ヤブツバキ 玉川上水は昭…

百草園・・・令和2年12月25日

百草園は京王線百草園駅下車徒歩10分、多摩丘陵上に在ります。冬至が過ぎて徐々に昼の長さが長くなり始めました。春が近づいてきたという感じですね。ここ百草園では春を知らせるロウバイとニホンスイセンが咲き始め、寒咲アヤメが満開となっていました。春…

東京都薬用植物園・・・令和2年12月24日

26日から冬休みになる薬用植物園はひっそりしており、世話係の人が後始末をしていました。花壇は来春の準備をされておりました。今回目指したのは岩石園のシダたちです。スノードロップが雪の飴玉を掲げていました。今日の様子です。 (↑上の写真)左=園…

武蔵国分寺公園・お鷹の道・武蔵国分寺万葉植物園・・・令和2年12月22日

お鷹の道のシダ観察をメインに、都立武蔵国分寺公園から武蔵国分寺まで散策しました。武蔵国分寺公園ではサンシュユの実が鈴なりになっていました。お鷹の道には、野川源流の湧水路があり、その両側には各種シダが観察できます。万葉植物園では万葉の人々が…

滄浪泉園・・・令和2年12月21日

滄浪泉園(そうろうせんえん)はJR中央線武蔵小金井駅下車南西へ徒歩15分の国分寺崖線に在ります。波多野承五郎氏の別荘でしたが、現在は当時の1/3の1万2千㎡となって、崖線(ハケ)の湧水などの自然を活かした日本庭園として開園されています。もみじが輝…

昭和記念公園・・・令和2年12月17日

この時季に訪れる人は、ほとんどありません。キチジョウソウの花がひっそり咲いていました。イイギリの赤い実が青空にくっきり浮きたち、日本庭園の松には雪吊りが掛けられ、池の面には、静かに池畔の木々が写し出されています。シダも、会いたかったホシダ…

高幡不動尊境内・・・令和2年12月11日

いよいよ紅葉前線も終局を迎え、東京の平野部に降りてきました。ここ高幡不動尊は、今日は一番の見頃を迎えていました。高幡山全山もみじに燃えています。さらに境内の外周遊歩道の法面は、シダの宝庫です。足下には、この時季でしか見られないオオハナワラ…

野山北・六道公園里山民家宮野入谷戸周辺・・・令和2年12月10日

ここは里山民家を会合場所にして、ボランティアの方々が萌芽更新や虫たちのための草地づくり、谷戸の田んぼづくりなど自然保護の活動をしています。生き物倶楽部が作成した「宮野入谷戸のシダガイドブック」を手に、シダ観察に出かけました。まだ紅葉は残っ…

生物多様性センター・・・令和2年12月4日

神代植物園の北側に隣接する生物多様性センターは、東京の各地域の自然を再現しています。奥多摩から伊豆諸島まで、そこに生息する植物を土や砂も含めて移植しています。小笠原諸島のものは、神代植物園の大温室で育てられています。ようやく根付いてくれて…

都立神代植物公園・・・令和2年12月4日

神代植物公園は、例年この時季、かえで園の紅葉が、青葉にも引き立てられ輝いています。数日後あたりが見ごろと思います。きょうは、天候と日射しの具合で、カメラでは満足できません。自分の目で見るのが一番と思います。 山野草園ではシダ植物が見られます…

都立滝山城址公園・・・令和2年12月3日

滝山城は、北条氏照が拡張し居城としたところで、多摩川と秋川の合流点と加住丘陵という地の利によって守られてきました。しかし、川沿いは敵に攻められやすいということもあり、奥の八王子に城を移し、八王子城としたということです。その頃は背後の山に護…

高尾山(6号路を登り稲荷山コースを下る)・・・令和2年11月26日

高尾山を訪れました。ケーブル乗車口や山頂に最後の紅葉が見られましたが、すっかり葉を落としている樹々が目立ちました。これからは、シダ観察が楽しみです。シダはいつでも観察できる興味尽きない植物です。4億年前恐竜以前の時代から存在し、地球の寒冷…

八王子市立片倉城跡公園・・・令和2年11月19日

小春日和のいい天気に恵まれ、紅葉前線も里に下りてきました。ここは彫刻家北村西望氏の作品と北村西望賞を受賞した彫刻が展示されています。それらの作品がもみじの中で一段と力強く輝いています。時折吹く風に枯れ葉がはらはらと舞い落ち、秋の深まりを感…

武田信玄公菩提寺恵林寺・・・令和2年11月16日

夢想国師が鎌倉時代作庭の庭園があり、もみじが楽しみです。戦国時代に武田信玄公は快川国師を招き、恵林寺(えりんじ)を菩提寺としました。武田勝頼公は織田・徳川軍に攻められ天正十年三月田野(のちの景徳院)で自害して武田軍は滅亡しました。そのひと…